よりそう ささえる パナソニック。

私たちは、ご高齢の方々の暮らしをささえるパートナーとして、日常生活、健康、介護や看護まで、切れ目なく、生涯にわたってよりそいます。
長年培ったケア・ノウハウと先進技術がひとつになって生まれる商品・サービス・住まいで、ご本人にとっても、ご家族にとっても、暮らしやすい毎日を実現します。
歳を重ねてもずっと、自分らしく前向きな意欲とともに生きていけるように。
からだもこころも、ささえつづけ、長く生きる人生を、幸せな人生にしていく。
それが、パナソニックのエイジフリーの使命です。

エイジフリー事業のこれまで、これから

パナソニック エイジフリー株式会社 代表取締役 社長 坂口 哲也

パナソニック エイジフリー株式会社
代表取締役 社長

坂口 哲也

パナソニックグループは、1918年の創業以来、事業活動を通じた社会への貢献を理念に掲げ、暮らしを支える家電や機器、住宅設備などをお届けしています。
「エイジフリー事業」は、1990年代後半、日本の高齢化対応が本格化するよりも早い時期より、ご高齢者の暮らしを支える新たな事業として、介護付有料老人ホーム開設を起点にスタートしました。

その後、2000年の介護保険制度導入により、私たちの事業も、在宅向けの介護サービスや介護リフォーム、介護用品・設備の開発、ショップの展開へと広がってまいりました。
現在、サービスや用品レンタル・リフォームを通じて、約10万人のご高齢者とご家族にご利用いただいています。

今後、2025年の日本は、人口の3割がご高齢者となり、介護を必要とされる方は830万人に達すると予測されています。
ご高齢者の暮らしを支える介護は、一般の方の日常生活の一部として当たり前のものへと変わっていくのではないでしょうか。
当社は、ご高齢者とそのご家族のみなさまへ、生涯の住まい「エイジフリーハウス」、在宅介護サービス拠点「エイジフリーケアセンター」、ケア用品とリフォーム「エイジフリーショップ」といった介護のある暮らしのインフラづくりを進めてまいります。
ご高齢者の安心安全はもとより、自立された生活をサポートし、お一人おひとりの希望をかなえる暮らしを提案していきたいと考えています。
住み慣れた町でその方らしい暮らしができる“地域コミュニティ”の実現を通じて社会への役立ちを高めてまいります。

会社概要

社名 パナソニック エイジフリー株式会社
本社所在地 大阪府門真市大字門真1048番地
代表者名 代表取締役社長 坂口 哲也
事業内容
  • ・介護サービス事業
  • ・サービス付き高齢者向け住宅事業
  • ・介護ショップ事業(用品レンタル、販売、リフォーム)
  • ・介護用品・設備の開発および販売事業
設立 2016年4月1日 介護関連4子会社統合でパナソニック エイジフリー株式会社発足
1998年6月19日 母体となる旧パナソニック エイジフリーサービス株式会社の設立
資本金 5,000万円(パナソニック株式会社 100%出資)
従業員数 4,400名(2017年10月現在)
介護保険事業所数
(2017年10月現在)
  • デイサービス(通所介護)98
  • ショートステイ(短期入所介護)36
  • 訪問入浴 46
  • 訪問介護 20
  • 訪問看護 3
  • ケアマネジメント(居宅介護支援)43
  • 特定施設入居者生活介護 3
  • 小規模多機能型居宅介護 49
  • 認知症対応型共同生活介護 1
  • 介護用品貸与 126
  • 特定介護用品販売 126

理念・行動指針

理念

私たちは高齢者とそのご家族にこころに届く最適な商品・サービスを提供し「ゆとりと笑顔のある暮らし」の実現をお手伝いすることで社会に貢献します

行動指針

私たちは

  • お客様の尊厳を大切にします
  • チームワークを大切にし最適な商品・サービスを提供します
  • お客様との会話を大切にし明るい雰囲気づくりに努めます
  • 個性を尊重しあい活発に仕事ができる環境づくりに努めます
  • 新しい商品・サービスの創造に日々チャレンジします